RC住宅は何故快適なのか

家を建てる時にまず知っておきたい情報とは

外断熱にはこんな良さがある!

RC住宅の寿命はどのくらい?

RC住宅の寿命は20~30年?それ以上?

RC住宅は、耐震性や耐久性に優れると言われています。それでは実際に寿命はどれくらいなのでしょうか?

寿命といっても、それは定期メンテナンスをしっかりやっているか否かによっても変わってきますが、本体自体、防水+塗装などをメンテナンスしていれば20~30年の寿命となるでしょう。といっても、本来コンクリート製の建物であれば、50年の寿命が最低だと言われています。

これは状況次第だと言えるでしょう。たとえ木造住宅であるからといって寿命が著しく短いとも言いきれず、木造でも何百年と続いている住宅も多いです。だからRC住宅だから~、木造だから~などと一概に寿命が長い・短いと断定はできません。よくあるシロアリ問題にしてみても、南用材の影響が強く、日本の古い繊維質で強度の大きな木材を使っていれば問題ありません。

まだまだRC住宅の歴史は浅い!

ヨーロッパなど地震の少ない国々では石造建築は数百年~数千年の寿命です。しかし日本のRC住宅は外国と同じ視点で見る事は当然できません。日本は海外と比べると、このようなRC住宅の歴史が浅いからです。関東大震災では火災による死傷者が多かったために、都市化によって耐火性の必要性が高く、欧米から導入れました。

そのためまだまだ100年程度の浅い歴史しかなく、何とも言えない状況です。100年も前に取り入れられたコンクリート強度が、現在の基準を満たせる程優れていたとも言えます。

-外断熱にはこんな良さがある!