RC住宅は何故快適なのか

家を建てる時にまず知っておきたい情報とは

外断熱住宅のコスト面を考える

住宅リフォームする時に注意したいこと。

RC造住宅って何?

RC造住宅という言葉を聞いた事ありますか?このタイプの住宅は、柱や梁(りょう)などをメインにして造りで鉄筋コンクリートを使用した住宅の事を言っています。ちなみにRCとは「Reinforced-Concrete」の略で、単純に訳すと「補強されたコンクリート」となります。

鉄筋を使ってコンクリートを補強しているので、単純に「鉄筋コンクリート」のという事になります。この構造がよく使われているのはマンションやビルなどの中高層の建物が多いのですが、最近ではRC住宅のデザイン性や性能が評価され一般家庭でもRC住宅を選ぶ方が増えてきています!

RC住宅は鉄筋で補強されているので耐震性に優れているというメリットもあります!このメリットに目をつける人も多いです。

RC住宅だからといって劣化しないワケじゃない!

いくら鉄筋を使ったコンクリート構造のRC住宅だからといって、塩害の影響やや温度の変化による影響を受けて収縮してしまったり、酸性雨のせいで化学変化を起こしてしまう事があります。誤解されやすいのですがRC住宅だからといって劣化しないというわけではありません!

本来アルカリ性であるコンクリートが二酸化炭素などによって中性化されると、内部の鉄筋が腐ってしまいさらに劣化を招く結果となります。

このような劣化を防止するにはコンクリートの密度と強度がポイントです。コンクリートの密度は高くなればなるほど二酸化炭素や雨水も入り込まなくなり、強度が高くなればなるほど外部から力が加わってもさほど変形しなくなります。RC住宅を希望している方はこのような事も知っておきましょう!

-外断熱住宅のコスト面を考える